ジャガーのピックアップをSeymour Duncan SJAG-3に交換してみた2

20121117122600.jpg
ジャガーのピックアップをSeymour DuncanのSJAG-3に交換してみたのでレポっす。
前回はピックアップ選びの話で終わってしまったので今回が取り付け編です。

初めてのピックアップ交換

20121117122000.jpg
これが交換前のジャガー。しかしジャガーというギターは本当にかっこいい。
20121117122100.jpg
今からこのフェンダージャパン純正のピックアップをSJAG-3に交換していきます。
ピックガードを外してピックアップのネジを外す。
20121117122300.jpg
半田ゴテで前のピックアップを外したあとは、
20121117122200.jpg
ジャーン!今回の主役Seymour Duncan SJAG-3登場!
20121117122400.jpg
これをハンダ付け(写真だとネック側が左右反対についてるけどあとで直しました)
ちなみにハンダ付けしている最中は必死だったので写真撮ってません(笑)
ハンダ付けが終わったらピックガードやアッセンブリーを元に戻して、
20121117122500.jpg
完成!
交換前とはピックアップの色が変わったので非常に引き締まって見える!
20121117122700.jpg
ついでにボリュームとトーンのコントロールノブもテレキャス用のものに交換。
少し高級感が出たんではなかろうか。
さて、肝心の音ですが、
以前とは違って歪ませてもハウリングしない!
ノイズが前よりかは増えた気がするけども(本来ノイズがなくなるはずなんだけど汗)
アンプから放せば問題なく使えるレベルに落ち着きました。
(交換直後はハウリングが酷かったんだけどいろいろ弄ってたら直った)
ただやっぱりジャガー本来の音からは結構かけ離れたね。
まぁこれは仕方がないというかオレが望んだ音はもう少し普通のギターの音なのでこれは良し!
ハウリングを恐れながらの音作りから解放されて扱いやすいギターになったのではないかと。
今回の改造、非常に満足です!やったー!!
だけど、このジャガーを楽器屋に持ってったら多分楽器屋の兄ちゃんはこう言うんだろうな。
「カート・コバーン好きなんですか(笑)」(結局それかい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>