ラーメン二郎三田本店に行ってきた

20120326114600.jpg
ついに・・・ついに三田本店で二郎を食うことができたぞー!!!


というわけで、ついにジロリアンの聖地「ラーメン二郎三田本店」行ってきたのでレポ。
いやぁ、夢にまで見た本家中の本家二郎だったので非常に興奮した。
朝、店につくと早速行列ができてるじゃないか。いやーワクワクするね。
そしてお店の中を覗くと 総 帥 降 臨 ! !
この時点でもうヤバい。あー東京に来て良かったとすでに満足感。
そして列が進んでいよいよ着席。席の後ろには例のラーメン二郎社訓が!
20120326114700.jpg
そして食券をカウンターに置き、水を受け取ってから厨房内の様子を見る。
総帥の勘に頼った麺ゆでや勘に頼ったタレ入れなどには感心させられる。
ちなみに小ラーメンを頼みました。
小でも非常にボリュームがあるという話は聞いていたし朝なので体調も考えて。
そしてついに待ちに待ったあの瞬間がやってきた・・・。
「 ニ ン ニ ク 入 れ ま す か ? 」
脳内で何度も何度も妄想してコールをシミュレートしてきたこの瞬間がついに!
オレはもうこの瞬間に脳内分泌物質を一気に吐き出すかのようにコールした。
「ニンニクヤサイで」
言えた・・・言えた・・・言えたんだ・・・。
オレはついに二郎で二郎コールができたんだ。ついに念願のコールができたんだ。
そんなオレを祝福するかのように二郎が目の前にやってきた。ありがとう。
20120326114800.jpg
これが本物、レジェンドオブ二郎。This is Jiro.「小ラーメンニンニクヤサイ」だ。
食べる。四の五の言わず食べる。
本物の二郎とはどのような味がするのだろう?ずっと想像してた。
写真から醤油辛さや油っぽさはあってもクリアな味わいのあるスープだと勝手に考えていた。
そしてその想像は当たっていた。いや、想像以上に高次元で調和されたスープだった。
麺はどうだろう。ズルズル・・・非常に美味しい。
少し茹で過ぎなような感じはしたもののそれはご愛嬌。そんなことよりも味だ。
非常に小麦感がして味わい深く、麺の太さも丁度良く食べやすい。理想の二郎麺だ。
ヤサイは・・・Great!これ以上茹で過ぎるとクタッとなってしまうという絶妙なバランス。
豚・・・Perfect!!オレの大好きな豚の感じだ。
それぞれの要素に感動しながら食べていると久々に二郎の洗礼も受ける。
そう、量が多くて気持ち悪くなってきたのだ。
最近はインスパイアを食っても量が多くて気持ち悪いという感情は芽生えなかったのだが
三田二郎・・・かなり麺が多い。
朝だから体調が悪いというのもあっただろう。
しかしそれは朝にベストコンディションに持ってこれなかったオレが悪いのだ。
そしてなによりここは三田本店。
総帥のお心遣いで増やしてくれている麺を残すわけにはいかない!
そしてなんとか無事に完食し丼をカウンターに上げて「ごちそうさま」と席を立つ。
「ありがとーう」
総帥からでした。いや、こちらこそありがとうございました。
お店からでて都会の空気を吸う。あー、お腹いっぱいだ。
美味しい二郎を食べ一日がこれからスタートする。なんかそんな事が幸せに感じるんだ。
ついに食べた三田二郎。この味に魅了されて生まれたインスパイアもたしかに美味いけど、
やはり本物は味も美味いがそれ以上に感動を与えてくれる素晴らしい食べ物だった。
以上、レポっす。正直文章がまとまってなくてすいません。
ただオレが言いたいことは、
「二郎サイコー!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>